2012年12月30日日曜日

まるでクトゥルー「ペルセウス座流星群 ファインダーズ古書店より」ロバート・チャールズ・ウィルスン

ペルセウス座流星群 (ファインダーズ古書店より) (創元SF文庫)ヒューゴー賞・星雲賞を受賞したハードSF『時間封鎖』の作家の連作短編ですが、中身はSFではありません。どちらかというと、クトゥルー神話のように、闇の向こうなのか、未来なのかどこかから何かが侵入してきます。侵入場所は、ある古書店。頑張って読んだのですが、面白くない。★★

2012年12月29日土曜日

革命簡単すぎ「月面の聖戦 3 永遠の正義」ジャック・キャンベル

月面の聖戦 3: 永遠の正義 (ハヤカワ文庫SF)政治的な面も意外にきちんと書いてきたのに、この終わり方?しかし、戦闘が終われば後は蛇足としか読者は読んでくれないという作者の割り切りなのか。ジャンプの人気がなくなった漫画がいきなり終わる感じ。★★

2012年12月24日月曜日

3分の1は設定「天冥の標6 宿怨 PART 2 」小川一水

天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA)3分の1ぐらいまで、設定と歴史が延々と続きます。勘弁してくれ、もはや小説じゃない。後半、急展開で大規模艦隊戦が始まりますが、前半が邪魔してのれませんでした。丁寧に書かれてきた、救世軍女性のキャラも消し飛んで戦闘シーンだけ。このままどうなってしまうのか。★★

2012年12月23日日曜日

「陰陽師 酔月ノ巻」夢枕獏

陰陽師 酔月ノ巻連載開始から25周年だそうです。当初、真っ黒かった平安京も、闇も、慣れてしまえば自由に動けます。バリエーション問題として、テーマが何度も変奏されていくのをみるのも悪くはないです。★★★

2012年12月20日木曜日

知識がなければ測れない「放射線測定のウソ」丸子かおり

放射線測定のウソ (マイナビ新書)放射線測定の方法がコンパクトにまとまっています。ガンマ線のみの測定でなぜ大丈夫なのか。できること、できないこと。これから、数十年放射線と付き合うためには、必須の知識がまとめてあります。日本人なら絶対読みたい本です。★★★★★

2012年12月17日月曜日

「量子怪盗」ハンヌ・ライアニエミ

量子怪盗 (新★ハヤカワ・SF・シリーズ)ルパン対ホームズに、シンギュラリティを加えて、意識を量子化しました。ご想像の通り、非常にわかりにくいです。おまけに、3人称と1人称が交差します。登場人物に魅力はないし、最後の60ページぐらいまでは地獄です。最後だけ、なるほど設定SFならではの醍醐味が読めます。しかし、それほど面白いのかというと、底が浅くて、人間臭いボヤキ小説で、テーマはダメダメ。★★

2012年12月13日木曜日

今ひとつ「初陣物語」東郷 隆

初陣物語「本朝甲冑奇談 」で、完成の息を見た歴史物も、若干のキレがありません。戦国時代の初陣ですが、史実に目をとられ、人間がいなくなってきました。★★★

2012年12月12日水曜日

う~ん「憑物語」西尾 維新

憑物語いよいよ最終シーズンだそうですが、伸ばしに伸ばした感じで、読むのが短いのにしんどい。うーん★★

2012年12月9日日曜日

遺伝子交配はないようです「ネアンデルタール人 奇跡の再発見」小野昭

ネアンデルタール人 奇跡の再発見 (朝日選書)ネアンデルタール人論文の要約のような本です。現在の人類との遺伝子交配は、調べてもなかったそうです。★★

「アンドロイドの夢の羊」ジョン・スコルジー

アンドロイドの夢の羊 (ハヤカワ文庫SF)星間戦争に、ハッキング、世界を救うヒーロー。来週は、宇宙を救いそう。十分に面白かったです。★★★

2012年12月3日月曜日

シリーズ3作目「太陽の石」乾石智子

太陽の石前2作と、作風が変わりました。魔法は自由には使えない、厳密な作り方のなかで、自分の思いをその中に載せていく、そのためには修練と、思いが必要だった。そんな前作までと違い、兄弟がみんな大魔術師。天地の理さへ一時的に壊すことができる。主人公が変われば、物語も変わります。ゲド戦記みたい。前作までの厳密さが懐かしいです。決してデキが悪い訳ではないのですが、前作までが好きだった読者には残念かも。いや、かなり残念です。★★★

2012年12月2日日曜日

シリーズ大演壇「アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る」ゲイル・キャリガー

アレクシア女史、埃及(エジプト)で木乃伊(ミイラ)と踊る (英国パラソル奇譚)最初はハーレクインの吸血鬼譚かと思ったシリーズも、確実に面白くなって、とうとう完結です。執事の本音が不明のママですが、いろんなものが収まって、なんとか大演壇。同じ設定の新シリーズも始まるそうです。しかし、でかいボディのオールドミスのはずの主人公が、この扉絵なのは、どうしても納得いきません。★★★

make

make会場は混んでましたが、ローランド iDecoraがことこと動いている姿を見て、+-5V+-12Vの2電源を980円で買いました。これオペアンプにも、ECUの駆動もできるので便利なんです。

クラタス、これが襲ってきたらどう戦うか考えました

操縦装置も展示されてました。